美髪縮毛矯正エンパニ(アクアシーム)施術ビフォーアフター

美髪縮毛矯正エンパニ(アクアシーム)の施術blog
いよいよ6月に入りました。
湿度が少しづつ上がり始めクセ毛の方達にとってはこれから9月までは一番髪がまとまらず悩みの多い期間となりましたが皆さんはいかがでしょうか?
膨らむ・ポヤポヤした毛が出てきた・朝セットをしてもオフィスにつく頃には元に戻ってしまう事はありませんか?
最近は髪質改善トリートメントで真っすぐ?ていう技術もTVや雑誌でも取り上げられていますがこの季節だけは縮毛矯正をされることをおススメ致します。
特にクセの強い方に関しましては伸ばす事つまりクセ毛をストレート状態に長期間維持するためには縮毛矯正が間違いなく有効な技術です。
当サロンでも美髪アクアシーム矯正トリートメントで対応はしていますが・・・
やはりこの季節は美髪縮毛矯正エンパニをおススメしております。

iwaiiwai

それでは施術内容と毛髪診断から始めます。

今回のモデル様のプロフィールです。
前回の縮毛矯正から10ヶ月経過
以前の矯正部分はクセが強い為かなりのアルカリ反応(強い薬剤)にて施術をされたようで
時間経過で乾燥が進みパサパサで硬貨現象が進み手が通らない状況です又中間~毛先にかけては内部結合の減少によりタワミが出ている状態です。
新生部もクセが強く短い毛が多い為によりボリームUPの原因となっているようです。
毛髪は太く、念転毛と波状毛が混ざり合った毛髪状態で極度の乾燥毛です。
この様にクセが強い方は過度の薬剤反応を必要としますが保水技術(エンパニ)の様に毛髪の内部環境を整えてから薬剤を塗布することで毛髪に負担をかけるリスクを最小限に抑える事が可能になります。

【美髪縮毛矯正エンパニの施術ビフォーアフターです】

美髪縮毛矯正エンパニ(アクアシーム)施術ブログ

上段が施術前で仕上がりは下段となります。

iwaiiwai

いかがでしょうか?
今回のモデル様の様に悩みのある方は一度ご相談下さい。イワイ


今回も美髪縮毛矯正エンパニ((アクアシーム)施術blogです。

iwaiiwai

こんにちはイワイの施術blogです。

iwaiiwai

今回のモデル様は矯正は初めてですそれではスタートです

□クセは毛先までフルウェーブ状態
□大きい波状と一部小さい波状の2種類と念転毛がある為非常にツヤが出にくい髪質です。
□髪質は細くハリがありませんがクセで膨らむ為、印象的には細く感じないそうです。【^^本人談】
【本人のご要望】
□自然な感じにしたい
□髪質を柔らかくしたい
□毛先は真直ぐすぎない様に
総合判断は縮毛矯正をしているように見えない様にしてほしいと言う事でした。
【施術方法・美髪縮毛矯正エンパニ】
今回の施術で一番重要なのは過剰に薬剤反応を起こさせないつまりアルカリ反応を抑える事
もちろんこれだけのクセの状態なので中途半端な反応ではクセが伸ばしきれずに残ります。
ここで一番大切なのがいかにアルカリをコントロールするかです。
※最近多いのが酸性タイプの薬剤ですが弱いクセの場合であればさほど毛髪に影響はしませんが繰り返す事で酸性域での反応の為硬くパサつきが出やすくなります。


美髪縮毛矯正エンパニ施術内容2
今回のケースはやはりクセが全的にあり柔らかさを希望されている為塩結合を動かす事が大切と考えますその他の施術内容は㊙の為ここまでの回答ですが後は仕上がりの初診でご判断をお願い致します。
iwaiiwai

毛先に関しては自由に動きを出せるように自然な感じに仕上げてあります。^^