美髪髪質改善エンパニのアクアシーム矯正トリートメントと美髪アクアシーム縮毛矯正施術ブログです。

natyではこの春から美髪縮毛矯正エンパ技術のアクア保湿技術をさらにダメージ修復を考えた次世代技術としてアクアシーム矯正トリートメント・美髪アクアシーム縮毛矯正にて皆様のご来店をお待ち致しております。

iwaiiwai

それではいつもの様にお写真をお見せしながら施術のビフォーアフターをご覧下さい。

今回もダメージ・クセ毛でお悩みのゲストの方にご来店頂きました。
【今回のモデルデータです】
これはかなりひどい毛髪状態です。
カラーリングは3ヶ月平均、矯正も6ヶ月に一度のペースでこの状態です。
非常に乾燥して太くて硬い毛髪です。
毛量は非常に多く通常の方の^^失礼ですが2倍はあります。
クセの種類は波状毛ですが部分的にクセの強さが異なっています。
念転毛は全体にじりじりとらせん階段の様にある為手触りが非常に悪い状態です。
※特に今回の毛髪状態でゲストさんにもこれから気を付けて頂きたいのがアイロンをセットで毎朝使わないようにお願いをしたいと思います。

※今回のゲスト様はクセが見た目以上に強く藩のしにくい為にいつも中途半端にに伸びていない為に施術後もアイロンを使ってしまうそうです。

☆ではどうしてダメなのか?アイロンを重ね続けると毛髪はタンパク質です。熱により硬く変性を起こします。
そうなると薬剤を反応させてもキレイに結合を置き換える事が出来なくなる確率が高くなる為にタワミ現象が生まれます。

例えばゆで卵の場合熱が入り過ぎると黄身はポソポソで水分が全然なくなります。
では半熟状態ではいかがでしょうか?
シット滑らかでパサつきがなくクリーミーな食感になりませんか?
毛髪も同じとイメージして下さい熱が通り過ぎるとそれ以上は何もできなくなると言う事です。

この様な毛髪状態を考え毛髪内部環境を整える為にエンパ保湿液を使用施術を行うのがなnatyの保水技術アクアシームです。
仕上がりについては過去の履歴の状態での100%を考えた施術ですが内部結合が欠如している部分やアイロンセットを行っている部分に関してはササクレ状態が有り収まりはこのくらいが限界レベルです。

美髪アクアシーム縮毛矯正施術例3
これから今以上に毛髪を良くしていく為にアクアシームを繰り返し行って頂く予定です。
※お悩みの方はお気軽にご相談下さい。イワイ